毎年人気の毛ガニ通販ショップ

業界での最高水準「3特・4特」の毛ガニのみを扱った、北海道産の極上毛ガニのみを扱う通販ショップ。値段は張るけど旨い!質の高い毛ガニを買うなら間違いなくココです。カニ味噌好きな方にはたまらない「かにみそ保障」というユニークな制度もあります。

北海道の釧路でカニの専門卸業をしている会社の通販サイト。高品質な毛ガニが手に入るとして人気です。蟹のプロが選んだ毛ガニは身がしまってギッシリ。クリーミーでジューシーな毛ガニが食べられますよ。今までの毛ガニと全然違う!と驚く人も。

お得な毛ガニのお取り寄せ

カニと言えば、高級食材で年末年始などの特別な時に登場するイメージの食材ですね。
これは、お歳暮などの贈答用やギフトカタログなどにも掲載されているため、そのような印象が強いのかもしれません。

 

しかし、最近ではインターネットなどを利用して、気軽に毛ガニがお取り寄せが出来るようになりました。

 

値段や品質も、北海道などの産地で購入するのと同じようなものを手に入れることが可能となっています。

 

カニの場合は、カニの身入りや鮮度などがとても気になるところ。
せっかくお取り寄せしてみたものの、中身がスカスカで味もうまみも無いカニだった・・・となってしまうと、悲しいですよね。

 

そこで、北海道に実店舗を構え、通販も行っているお店のお取り寄せは品質などにもかなりの信頼がおけますね。
ネットショップの場合でも、長期間通販ショップを運営していて販売実績が多数あるお店であれば、それだけ多くの人の評価を得ているということになります。

 

人気のあるお店は商品の入れ替えも早く、それだけ鮮度の良いものが常に置いてあるケースも。
口コミなどを参考にしながら、人気店に注文するのも「当たり」の毛ガニを購入するポイントです。

 

他にも、お取り寄せならではの楽しみのひとつに、お得なアウトレット商品を探すことがあります。
これは、店頭では見た目が悪く規格外で売りに出せなかったりする商品を、ネット通販に限定して価格を下げて販売しているものなどです。

 

贈答用ではなく、自宅で楽しむ程度であれば、このような商品を活用するのも良いですね。
ぜひ毛ガニのお取り寄せを、皆さんもお楽しみください。

 

毛ガニを通販で買う際の注意点

最近ではインターネットを利用して、気軽に毛ガニを購入することが出来るようになりました。
パソコンで検索してみると、毛ガニを取り扱っているお店が多くて迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。
今回は、ネットショップなどの通販で毛ガニを購入する際に注意したいポイントについてまとめてみました。

 

まずチェックしたいポイントは、毛ガニの産地です。
毛ガニは、やっぱり北海道産が身も詰まっていてカニ味噌も濃厚。また、同じ北海道産といっても獲れた猟場のエリアによって旬が異なります。
どこの海域で獲れた毛ガニなのか、確認出来るようであればチェックしておきましょう。

 

次に、鮮度と配送方法です。
活毛ガニを扱っているお店は、新鮮なカニを仕入れているお店の可能性が高いです。
毛ガニは、水揚げから時間が経過するとどんどん鮮度が落ちていきます。活毛ガニの購入を考えている場合には、出来るだけ短期間で届けてもらうように注文しましょう。

 

また、自宅で茹でるのが大変な場合には、「浜茹で」と書かれている商品を選ぶと良いでしょう。
こちらは、水揚げされてすぐにボイルされたものなので、「浜茹で」をチルド配送してくれるお店は味の面でも安心です。

 

最後に、通販では現物を見ることができないので、やはりそのお店の口コミ情報は大事です。
多くのお店は、商品の品質や味に自信を持って販売していますが、一部では身がスカスカな味の悪い商品を売りつけているところもあります。
口コミに振り回されるのは問題ですが、ある程度信頼のおける店舗なのかどうか、やはり先に購入した人達の評価は参考になりますね。
産地や鮮度、配送方法など、事前に自分でチェックできるポイントは確認してから商品を購入すると良いでしょう。

 

また、どうしても美味しい毛ガニが食べたいけど通販はちょっと怖いという方は、訳あり品を選ぶと安心です。
一昔前は訳あり品というものに馴染みもありませんでしたが、最近では見た目が悪いだけで味は同じで値段が安い。そんな訳あり商品がポピュラーになっています。アウトレットという言葉も一般に浸透していますしね。
味が同じなのに相場に比べて安く手に入る訳ありの毛ガニは、初めて通販される方には最適なチョイスかもしれませんね。

 

美味しく毛ガニを茹でる方法

カニの中でも旨味が強く、人気がある種類といえば毛ガニです。
毛ガニは体が小さいので、他のカニと同じような調理法で調理をすると、旨味が全部抜けてしまう可能性があります。

 

旨味が抜けて身がぱさぱさになってしまった毛ガニほど、無残な食べ物はありません。せっかくの毛ガニなのですから、正しい調理法を身に着けて、美味しく食べましょう。今回は、毛ガニをおいしく食べるために重要なゆで方について解説します。

 

一般的に販売されている毛ガニは、すでにボイルされている状態で販売されていますが、産地直送などで生のままの生きた毛ガニが手に入った時は、加熱調理する必要があります。

 

茹でている時は、必ず甲羅を下にして鍋に入れましょう。甲羅を下にしてゆでると、なべ底の一番加熱されている部分が直接甲羅を加熱してくれるので、崩れやすいカニみそを早めに固めることができます。

 

また、茹でるときは必ず塩を入れて塩ゆでにしてください。真水のままでゆでると、うまみがすべて流れ出てしまいます。塩分濃度は、他のかにをゆでる時よりもやや強めの3〜4%が目安です。毛ガニは足が細いので、塩分濃度が低いと旨味が抜けて水っぽくなってしまうので注意してください。
茹で上がったら、湯から取り出した後に冷水で数分ほど冷やすと、殻から身が外れやすくなります。

 

毛ガニの特徴と豆知識

毛ガニはタラバガニやズワイガニと並んで三大ガニと呼ばれ、古くから私たち日本人が好んで食してきたカニです。毛ガニは太平洋側でも日本海側でも取れますが、日本近海では関東以北の寒冷な海を好んで生息地としています。

 

北海道の近海では一年中毛ガニを取ることができるのですが、乱獲を防止し、資源を維持・管理するため、地域ごとに漁期が定められています。秋の今頃の時期ですと、釧路の近海がちょうど漁期に当たります。

 

毛ガニはズワイガニやタラバガニに比べるとだいぶ身が小ぶりで、文字通り甲羅に毛が生えているような見た目が特徴です。
しかしその身の味は非常に甘くて繊細であり、水分が少なくて繊維状にポロポロと裂けるものであり、とっても美味しいですね。
また身の食感や味と合わせて、蟹みそも大変クリーミーかつ濃厚であり、これも毛ガニを食べるときの楽しみの一つでもあります。

 

店頭やインターネット通販等で購入する場合は500グラム位のものを目安にしてカニを購入するようにすると良いでしょう。あまりに大きいものは味がパサついているとして、敬遠される方もおられるようですが、中には1キロを超えるような、非常に大きなカニが売られている場合もありますので、機会がありましたら、そのような大きなカニの食感等を楽しんでみるのも良いでしょう。

 

 

気になる毛ガニに関するニュース速報

毛ガニに関して気になる話題を取り上げるコーナーです。

 

日本の毛ガニが無くなる日!?

今年9月、北海道新聞に「毛ガニ漁獲量18%減 北海道・胆振の太平洋海域、2007年度以降で最少」というニュースが報じられて、うなぎやマグロ、秋刀魚といった水産資源問題が毛ガニにも波及していることが分かりました。

参考:NEWSポストセブン

 

毛ガニは北海道では場所を変えながら、通年での漁獲ができるという特徴がありますが、今年の毛ガニ漁では例年に比べて漁獲量が減少したそうです。

 

そもそも毛ガニ漁は、生態系維持の為にもある程度の規制が行われているものです。
北海道では1950〜1960年代に、すべてのメスと甲長8cm未満のオスの水揚げが禁止されたり、1991年にも毛ガニかごの網目を大きくするという規制は行われています。

 

しかし問題なのはロシアの違法な毛ガニ漁。
ロシアは毛が二の漁獲高規制をしているにも関わらず、公式発表の漁獲量の約1.7倍ものカニを輸出しているという矛盾が生じています。

 

その背景には、水揚げ量の不正申告や未申告品の輸出などがWWF(世界保護基金)の調査で分かっているそうです。
また、ロシアの密航船が日本の排他的経済水域(EEZ)で違法な密漁をしているとの報告もあるそうです。

 

近年の日本近郊では、水産資源の確保が難しい課題として表面化しています。
違法船による密漁や近隣諸国の食の変化など、あらゆる課題が山積している中、今回の毛ガニ問題。

 

どんどん値上がりし、庶民の食べられないものにならないで欲しいと切に願います…。


このページの先頭へ戻る