残った殻も徹底活用!毛ガニの殻を使った茶碗蒸しの作り方

新鮮な毛ガニをいただいた場合は、そのまま蒸して食べるのがおススメです。
しかし、毛ガニは見た目の割に身が少なく、身を取った殻だけが大量に残ることも・・・
もともとのサイズが小さい毛ガニは、他のカニと比べてなんとなく食べ応えがないように感じてしまいがちです。

 

でも、ちょっと待って!その殻にも、カニのエキスやうまみはまだたくさん残っていますよ。
今回は普段は捨ててしまう毛カニの殻で、美味しくもう一品楽しめるレシピをご紹介します。

 

殻を使った毛ガニ茶碗蒸しの作り方

殻からエキスを取り出す

まず、大鍋の中に水を用意します。目安は、カニ1杯分に対して水約2リットルです。

 

身を取り出した毛ガニの殻を火をかける前の大鍋に入れて、その後、沸騰するまで加熱します。

 

沸騰後、15分ほどカニの殻を茹でます。途中、アクが浮いてくるようならお玉ですくって捨てます。

 

最後に、ザルにキッチンペーパーを敷いてだし汁をボウルに濾したら完成です。

 

これで、毛ガニの殻から美味しいカニのエキスを取り出すことが出来ました。

 

そして、そのカニのだし汁を使って、シンプルな茶碗蒸しを作ります。

 

エキスを使って茶碗蒸しを作る

材料はカップ2個分になります。

 

ボウルに卵1個、カニ殻のだし汁200ml、醤油小さじ1/2、塩小さじ1/4を入れてよく混ぜ合わせます。

 

卵液をカップに2等分して注ぎ入れ、上に三つ葉を散らしたらラップをふんわりとかけます。

 

カップを電子レンジに入れたら、500〜600Wで約3分ほど加熱したら茶碗蒸しの完成です。

 

電子レンジで作るため、多少卵液にスが入ってしまいます。スが気になる方は、蒸し器で蒸すか、湯煎で作る方法をおススメします。

 

湯煎の場合は、フライパンにお湯を2cmほどの高さに張ってふつふつと泡が立つ程度に沸騰させます。

 

そこにアルミホイルをかぶせたカップを乗せて、10〜15分ほど蒸し焼きにします。
仕上げの目安は、卵液が固まったら完成です。

カニの殻のだし汁を使った茶碗蒸し、口に含むとふわっとカニの香りが漂い、とても上品なお味です。

 

お好みで、なるとや絹ごし豆腐、たけのこなど、具材を加えても良いでしょう。

 

捨ててしまう毛ガニの殻でもう一品、ぜひカニのエキスたっぷり茶碗蒸しをお楽しみください。


このページの先頭へ戻る